2050年02月15日

老人ホームで句集製作

◎句作を励みに 小矢部の82歳榊さん 作品掲示が仲間に喜ばれる 句集も制作

小矢部市浅地の特別養護老人ホームほっとはうす千羽に暮らす榊常順さん(82)は、五年前に入所してから始めた俳句を日々の励みとしており、月替わりで館内に掲示する作品は他の利用者の楽しみにもなっている。最近は念願だった句集を自費出版し、日記代わりでもある句作を生きがいとしている。
小矢部市内山の真宗大谷派覚順寺住職だった榊さんはホームに入った二〇〇二(平成十四)年から、句作を本格的に始め、これまでに五百句余りを作った。日々の生活や家族と旅行に出かけたときに見かけた風景や名所の感想を、飾らない言葉で句にまとめる。

毎月、二点を選んで半紙にしたため、玄関ホールに掲示しており、今月は「おもちつき夫婦の息もぴったりと」「全員のかけ声高くおもちつき」を選んだ。句作同様、ホームで始めた絵画も展示している

このほど自費出版した句集「慕情 句集ほっとはうす千羽の思い出」には百二十句を収録し、イラストも自分で描いて収録しており、ホーム内の友人や職員らに配布して喜ばれた。榊さんは「句作は自分の日々の記録であり、さらに句集を作れるよう、これからも励みたい」と話している。

posted by 自費出版を企てる男 at 05:30| 自費出版による句集、歌集