2050年01月20日

自費出版してほしい

鬼伝説を園児たちが絵にして博物館で展示

 福知山市桔梗が丘のコスモス保育園(中嶋守園長)の年長児が、郷土愛を育もうと、小学校唱歌として親しまれた「大江山」をベースに、鬼退治伝説をテーマにした楽しい絵巻風の作品をつくった。近く同市大江町仏性寺の酒呑童子の里にある日本の鬼の交流博物館(村上政市館長)に展示する。

 年長児は昨年9月、酒呑童子の里で合宿し、鬼について学んだ。その成果を12月の生活発表会で父母らに伝えようと、村上館長が執筆している両丹日日新聞の連載「百鬼爺考」で紹介された「大江山」の歌詞を参考に、歌を練習し、絵巻風の作品づくりをした。
 
 作品は、「むかし丹波の大江山、鬼どもおおくこもりいて」で始まる6番までの歌詞に合わせて一点ずつ制作。それぞれ畳1枚程度の大きさで、雰囲気を出すために和紙を使った。KTR大江駅で購入した鬼の絵本も参考にしたが、園児それぞれがイメージを膨らませて赤鬼、青鬼が群がっている場面、源頼光が鬼退治をする様子を華やかに描いた。
 
 生活発表会で披露したところ、「もっと大勢の人に見てほしい」と好評で、同博物館への出品が決まった。節分に合わせて当分の間、展示される。

----------------------
こういうのを出版できるといいんですよねー
posted by 自費出版を企てる男 at 11:45| 自費出版による絵本